« 愛されることよりも、愛することを求めさせてください(アッシジのフランチェスコの祈り) | トップページ | 棚橋さんを急に忘れたのは、妄想の中の先生に夢中になっているからなのか »

2009年3月13日 (金)

歌いたい

それも、アカペラを豊かな声量で。
まぁ、音痴なので、そんなこと出来ませんけれど。

このあいだたまたまテレビをつけたら、ゴスペラーズのドキュメンタリーをやっていて、
大学のゴスペルサークルの人が大量に集まって、ゴスペラーズと歌っていた。
ものすごくたのしそうで、歌えることが羨ましかった。
心から溢れる声を、歌にのせて出してみたいと、つくづく思った。

人それぞれ、いろいろな歓喜の瞬間があるのだろうけど、うれしいときに歌い出せるといいなって、思う。
そんなことができたなら、どんなに素晴らしいだろう。
停滞している気分もきっと瞬く間に、変わるだろうね。
あぁ、あたしも歌いたいわ。

|

« 愛されることよりも、愛することを求めさせてください(アッシジのフランチェスコの祈り) | トップページ | 棚橋さんを急に忘れたのは、妄想の中の先生に夢中になっているからなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌いたい:

« 愛されることよりも、愛することを求めさせてください(アッシジのフランチェスコの祈り) | トップページ | 棚橋さんを急に忘れたのは、妄想の中の先生に夢中になっているからなのか »